【薬剤師/看護師必見】副業ならWebライターがおすすめの理由

副業を始めたいけど、何をすれば良いかわからない…

夜勤がつらいが、日勤だけだと収入が不安…

夜勤業務で自分の時間や家族との時間が取れない…

このような悩みをお持ちではありませんか?
しかしWebライターになることで、すべて解決できてしまうかもしれません。
結論からお伝えすると、Webライターのスキルを確立することで、収入アップが目指せます。

本記事でわかること
  • Webライターが薬剤師・看護師などの医療従事者の副業に特におすすめな理由
  • Webライターの特徴
  • Webライターになる方法

Webライターという職業に興味を持っていただき、始めるきっかけになれば嬉しいです。
ぜひ最後までお付き合いください。

薬剤師・看護師の副業にWebライターがおすすめの理由

冒頭でお伝えした通り、薬剤師・看護師が副業としてWebライターをすることはとてもおすすめです。その理由は以下の3つです。

  • 医療関連の記事はニーズが多い
  • 医療関連の記事は報酬単価が高い
  • 働き方の自由度が高い

医療関連の記事はニーズが多い

医療関連の記事はニーズが多いことが、副業としてWebライターをおすすめする1つ目の理由です。ご存じのように現在、超高齢社会が進んでいます。
超高齢社会になるということは、病気になる人が増えて医療のニーズが高まることが予想されます。

高齢者の割合を示す高齢化率(65歳以上人口が総人口に占める割合のこと)を内閣府のデータよりお伝えします。高齢化率は令和2年10月1日現在で28.8%になり、2025年には30%に到達することが予測されています。
(参考サイト:令和3年版高齢社会白書(全体版) (cao.go.jp))
65歳以上の高齢者が3.3人に1人というデータから、容易に医療のニーズが高まることが予想できます。
同様に医療関連の記事に興味を持った読者の数も増えるでしょう。 

収入アップ!医療関連の記事は報酬単価が高い

医療関連の記事は報酬単価が高いことも、副業としてWebライターをおすすめする2つ目の理由です。
記事のニーズが高いということは、単価が高くなることにつながります。医療関連の記事は、金融・転職・不動産などと同様に高単価のジャンルとして知られています。

Webライターの報酬は「1文字〇円」や「1記事〇円」という仕組みになっています。
初心者のWebライターは「1文字1円」が最初のハードルになりますが、薬剤師・看護師が取り扱うような医療系の記事では、初心者でも1文字1円から2円近くの案件が見られます。
1文字2円の場合は5000文字で1万円のため、週に1つの記事を書いた場合は4万円の収入になります。
もちろん慣れてきたら執筆件数を増やすこともできますし、スキルの高いWebライターになれば単価を上げることも可能です。

在宅でできる!Webライターは働き方の自由度が高い

Webライターは時間と場所を選ばない、自由度の高い働き方が特徴です。
自由度の高い働き方には、以下の4つのメリットがあります。

  • 在宅でできる
  • 副業していることがバレにくい
  • 体力を消耗しない
  • 空き時間を活用できる

執筆ができれば、働く場所を選ばないのもメリットです。在宅はもちろん、カフェでも働けます。
知り合いに副業を知られたくない場合でも、在宅での仕事であればバレにくいですよね。

体力を消耗しない働き方もメリットです。薬剤師や看護師は立ち仕事で体力が消耗するので、体力を温存しながら働くことができます。

空き時間を有効活用できるのもメリットです。例えば夜勤業務の出勤前など、買い物やお出かけに行く時間は無いけど、ちょっとした空き時間ができたりしますよね。
そのような場合でも、Webライターの仕事をすることで空き時間に収入を増やすことができるのです。 

副業におすすめ!Webライターの仕事とは?

Webライターの仕事とは

Webライターの仕事は、「クライアントの代わりに、Webで公開される記事を書く仕事」です。
具体的には、依頼主であるクライアントから指定されたテーマや文字数、内容に沿って文章を執筆します。
Webライターが執筆した文章は、クライアントWebページやネット広告などの媒体に掲載されます。

Webライターの仕事の特徴

すでにお伝えした内容の他に、Webライターの仕事には以下の2つの特徴があります。

  • すぐに収益になるので、モチベーションを保ちやすい
  • 継続的な情報収集とスキルアップが必要

まず収益については、Webライターの報酬は「1文字〇円」や「1記事〇円」という仕組みになっていることをお伝えしました。言い換えると依頼された案件を納品すれば「書いた分だけきちんと収益になる」ということです。
例えば、プログラミングやブログは準備の期間が長く、収益になるまでに時間がかかります。
Webライターは収益化までの時間が短く、副業として始めやすいのでおすすめです。

次に、Webライターには継続的な情報収集とスキルアップが求められます。
しかしこの2つは、どの副業にもあてはまるでしょう。スキルアップは求められますが、Webライターは自由度が高く副業におすすめの仕事です。

Webライターになる方法

それでは、どのようにWebライターになれば良いのでしょうか?
Webライターになる方法については、具体的に以下の3つの方法があります。

  • すぐに案件を始める
  • 本やYouTubeなどを用いて独学で学ぶ
  • 通信教育を受講する

それぞれメリットやデメリットを考えながら紹介します。

すぐに案件を始める

すぐにWebライターの案件を始めることは可能です。
しかし結論からお伝えしますと、情報収集などの事前準備をすることなく案件を始めることは、デメリットが多いのでおすすめできません。具体的なデメリットは以下の3つです。

デメリット
  • 案件の受注が難しい
  • 報酬単価が低い案件の可能性
  • クライアントを納得させられない(継続案件につながらない)

まず、案件の受注が難しいでしょう。たくさんの案件に応募して受注につながらなければ、記事の執筆前から「自分は向いていない」と挫折してしまうかもしれません。

また、仮に案件を受注できたとしても、報酬単価が低い案件の可能性もあります。収入アップを目指して始めたWebライターなのに、収入が低くては続けることが難しくなるかもしれません。

最後に、「クライアントを納得させられない=継続案件につながらない」可能性です。
クライアント同士は業界でつながっており、悪い評判が続けば最終的には案件を受注できなくなることも考えられます。 

この方法のメリットとしては、初期費用をかけずに始められることです。

本やYouTubeなどを用いて独学で学ぶ

次に、本やYouTubeなどを用いて独学で勉強する方法はどうでしょうか。

メリット
  • 初期費用が安く済む
  • さまざまな情報に触れることができる
デメリット
  • 自制心を持って勉強を進める必要がある

メリットとしては、費用を抑えながら勉強ができる点です。書籍なら1冊2千円前後のものが多いですし、YouTubeなら無料で勉強できます。
費用を抑えてさまざまな情報に触れることができるので、自分に合った有益な情報が見つかるでしょう。

デメリットとしては、自制心を持って勉強を進めていくことが求められる点です。自分でスケジュール管理をして進めることが苦手な方には向いていないでしょう。

通信教育を受講する

最後に、通信教育を受講する方法はどうでしょうか。 

メリット
  • スケジュールに沿って作業を進めることができる
  • Webライターの仕事に関する情報を入手できる
  • 受講後に仕事を紹介してもらえることがある
デメリット
  •  書籍やYouTubeよりも価格が高い

メリットとしては、学習手順のスケジュールが決まっている場合が多いので、期限を決めて進めることができる点です。
自分でスケジュール管理をして進めることが苦手な方でも、取り組みやすいでしょう。

次に、運営会社はWebライターの仕事に関する情報を持っていますので、最新の情報を入手できるのもメリットです。
さらに課題にきちんと取り組んでいれば、運営会社から単価の良い仕事を紹介してもらえることもあります。

デメリットは、書籍やYouTubeと比較すると価格が高い点です。

まとめ

今回は薬剤師・看護師の副業として、Webライターがおすすめの理由をお伝えしました。
超高齢社会という背景から、医療によるニーズの高まりや専門性を求められる医療系記事の報酬の高さをご理解いただけたかと思います。

また、Webライターの収入が安定すれば、本業と合わせて2つの収入源がつくれます
その場合、例えば夜勤が苦手な方でしたら日勤のみの職場へ転職も可能です。夜勤手当が無くなることで減収しても、Webライターの収入でカバーできるでしょう。
そして本業よりも収入を増やし、Webライターに転職することも可能です!

Webライターを本業にできれば、自分で時間を調整できるようになります。
そうなれば家族や友人と過ごす時間や趣味などのプライベートの時間も増やすことが可能でしょう

このようにメリットがとても多い仕事だと思います。まずはWebライターを副業として、検討してみてはいかがでしょうか?
最後までお付き合いいただきありがとうございました!