薬剤師に英語は必要?英語が必要な職種の紹介とその理由を解説

薬剤師に英語は必要?

就職や転職の際に、英語が使えると有利なのかな?

このように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

薬学系の大学では英語を使用する頻度はあまり多くないため、英語に抵抗を感じる人もいらっしゃるでしょう。私もかつては英語に対する苦手意識があり、必要性を感じていませんでした。

そこで、国内で薬剤師の仕事をすることを前提として、薬剤師に英語が必要かどうか職種別に検証します。ぜひ最後までお読みください。

ユウタ

この記事を読めば、転職や就職の際に英語が必要な職種やどの程度のレベルの英語が求められているのか分かるようになります。

英語が必須の薬剤師と必須ではない薬剤師の違い

薬剤師の中でも、職種によって英語の必要性は異なります。医療機関に勤務する薬剤師には、英語は必須ではありません。しかし、将来的に医療機関以外の企業に勤めたい気持ちが少しでもあるなら、英語は必須です。それぞれ具体的に確認してみましょう。

英語が必須の薬剤師

医療機関に勤務しない薬剤師の場合、仕事をする上で英語は避けて通れないツールです。医療機関に勤務しない薬剤師の具体例は以下の通りです。

  • 研究職
  • 臨床開発職(CRA、CRC、DM、BSなど)
  • 学術(DI)
  • 品質管理・品質保証
  • メディカルライター・MSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)

もしこれらの職種への就職や転職を希望される方は、英語の勉強をおすすめします。日々の業務でも英語が必要になることに加え、面接でも英語ができるかどうかの質問があるためです。

英語が必須ではない薬剤師

医療機関に勤務する薬剤師の場合、英語は必須ではありません。具体的な医療機関は以下の通りです。

  • 病院
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア

私自身も医療機関での勤務経験がありますが、外国人も中国や東南アジア出身の方が多く、基本的に英語が通じません。また、日本に住んでいる方がほとんどで、簡単な日本語であれば通じることが多かった印象です。

とはいえ、もちろん例外はあります。例えば、都内の大使館や外資企業が集まっている地域や空港などで勤務する場合、必然的に外国の方と接する機会も増えるため、英語ができることで働きやすくなるでしょう。また、業務で必要としない場合でも、勉強のために論文を読む際には英語が必要になります。

薬剤師に英語が必要な3つの理由

薬剤師の中でも特定の職種で英語が必須であることを紹介しましたが、なぜ英語が必要なのか疑問に思われるかもしれません。そこで、英語が必要な3つの理由を紹介します。具体例を知ることで、英語の必要性がより理解しやすくなるでしょう。

  • 論文を読むため
  • 海外のデータなどの資料を参考にするため
  • 海外企業とやり取りをするため

論文を読むため

文部科学省が2016年10月に発表した「ジャーナルに注目した主要国の論文発表の特徴 」によると、国際的な論文では9割以上が英語で書かれているとされています。そのため、最新の論文や重要な論文は、ほぼ間違いなく英語で書かれることになります。

英語が読めないことで必要な情報にアクセスができなくなり、他の人よりも仕事が進めにくくなるなど不利な働き方になる可能性があります。仕事をする上で他の人に遅れを取らないためにも、英語の論文を読めるようになっておく必要があるのです。

海外のデータなどの資料を参考にするため

新薬を日本で販売するためには、日本国内で「臨床試験」と呼ばれる日本人を対象としたデータを取る必要があります。しかし、すでに海外で承認・販売されている医薬品の場合には、まずは海外のデータを参考にします。海外で取得されたデータなどの情報は、もちろん英語です。

海外のデータとはいえ、同じ医薬品であれば期待できる効果や起こり得る副作用は予測できるようになるでしょう。しかし、英語が読めないことで情報が得られなければ、臨床試験の失敗につながりかねません。

海外企業とやり取りをするため

日本の企業に勤務していても海外企業とやり取りをする機会は数多くあります。たとえば、戦略会議や医薬品製造に必要な資材の輸入、学会への参加など。むしろ、国内のみで完結できることは多くないでしょう。

海外企業とのやり取りは、もちろん英語です。英語ができないことによって、結果的に「自分の仕事が進まない!」ということになりかねないのです。

薬剤師に必要な英語はTOEIC600点!

薬剤師も職種によっては英語が必要なのはわかったけど、
どの程度のレベルの英語が必要なの?

読み・書き・会話のすべての英語ができることが理想です。とはいえ、それが難しいことも理解できます。そこで、まずは就職や転職で有利になるTOEICから始めると良いでしょう。TOEICがおすすめの理由は、企業がTOEICを英語がどの程度できるかの判断材料にしているためです。

では、TOEICが何点あれば、就職や転職に有利になるのでしょうか。私自身が「英語 薬剤師」のキーワードで求人サイトを検索したところ、TOEICの点数の目安は500-800点と企業によって幅があることがわかりました。

つぎに、TOEICの点数に加えて、多くの企業に共通して記載が見られたものを以下にまとめました。

企業が明記している英語力
  • 英語によるコミュニケーションができるレベル
  • 学術論文から情報収集ができるレベル
  • ビジネスメールの対応ができるレベル
  • 試験成績書等の英文が理解できるレベル

これらのレベルがどの程度なのかをわかりやすくするために、TOEICの公式ホームページを参照しました。

グローバル化に対応するため全社員に求められる期待スコア平均は「600点」

「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書|TOEIC Listening & Reading Test 公式データ・資料|【公式】TOEIC Program|IIBC (iibc-global.org)

このような記載があることから、まずはこの600点の取得を目指すと良いでしょう!

まとめ

本記事では薬剤師の英語の必要性について、職種別に英語が必要な理由を検証をしました。

結論としては、医療機関の薬剤師であれば英語は必須ではないものの、特定の職種を目指すのであれば英語は必須であるということです。その上で英語を始めるのであれば、まずはTOEIC600点を目指すと良いでしょう。

英語に抵抗がある方も多いかもしれませんが、英語ができれば他の就活生や転職を目指している方との差別化になるはずです。ぜひ明日から英語の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。