【体験談】英語のスピーキングが劇的に上達する勉強法

頑張って話しても英語が通じない…

リンキングができない…

アクセントがよくわからない…

英語のスピーキングはリンキング(リエゾン)、発音のアクセント、リズム…やることが多くて大変。
頑張って話しているにもかかわらず、通じないとショックを受けますよね。

しかし発音を改善するだけで、簡単に英語が通じるようになるでしょう!

本記事でわかること
  • 発音の改善で英語が通じるようになる理由
  • 効果的な発音の練習法について
  • 通じない!発音以外に考えらえれる原因

発音を改善するのは難しいイメージがあるかもしれませんが、発音記号を覚えるよりもずっと簡単な方法です!
スピーキングを上達させたい方は、ぜひ最後までお付き合いください。

執筆者
ユウタ
  • 発音改善の前は、スピーキングに苦労していた
  • 発音改善の後は、簡単に通じるようになった
  • 発音改善の結果、ネイティブから
    「君の英語は聞きやすい」と褒められている

発音の改善でスピーキング上達する3つの理由

発音を改善するだけで、英語が劇的に通じやすくなります。
その理由は以下の3つです。

  1. 話すことに慣れる
  2. 話し方がスムーズになる
  3. 相手が理解してくれるようになる

順番にご説明します。

1.話すことに慣れる

相手に理解してもらえるようにするためには、まず声に出さないと始まりません。
そのためにも英語を話すことに慣れるというのは、通じるようになるための第一歩と言えるでしょう。

発音を改善するためには、実際に声に出す発音練習があります。
この発音練習をくり返す結果、英語を話すことに慣れるようになるでしょう。

2.話し方がスムーズになる

正しい発音ができるようになると、英語の話し方がスムーズになります。
その理由は以下の3つです。

  • リンキング(リエゾン)ができるようになる
  • 発音のアクセント(強弱)ができるようになる
  • リズムが改善する

リンキング(リエゾン)ができるようになる

リンキングとは、末尾の子音と文頭の母音がつながって一つの音に変わる変化のことです。

日本語は母音言語で、英語は子音言語となり、それぞれの成り立ちが異なります。(母音言語と子音言語の説明はリスニングの記事で詳しく解説しています。)
日本語には、「リンキングの仕組みがない」「日本語の発音で子音言語である英語を話そうとする」。このような理由から、リンキングが難しいと感じるのでしょう。

リンキングの具体例

例文:This dog is big.
×「ディス ドッグ イズ ビッグ」
〇「ディス ドッギィズ ビッグ」
このように音同士がつながり、発音が変化することをリンキングと言います。

末尾が子音で、頭が母音だからつながって…毎回考えるの難しい…

しかし発音を改善することで、意識しなくても自然とリンキングができるようになります。
すると、このような悩みも解決するでしょう。

発音のアクセント(強弱)ができるようになる

英語には強く発音する音があり、それらの音が英語のアクセントを構成しています。
発音を改善して日本語には無い強い音を発することができるようになると、結果的にアクセントも改善します。

日本語に似ている強い音
  • [p][b][m]の破裂音
  • [t][d][n]のノック音

具体例の音は、日本語と似ているのですが、英語ではより強い音になる傾向があります。
日本語に似ている音は、特に注意が必要です。

リズムが改善する

リズムとは、リンキングやアクセントが積み重なった結果です。
そのため、リンキングとアクセントを正しい発音にすることで、結果的にリズムの改善にもつながるのです。

反対に発音の改善することなくリズムだけを直そうと思っても、覚えることが多く難しいかもしれません。

3.相手が理解してくれるようになる

発音を改善することで、英語の話し方も変わります。
正しい英語の話し方ができるようになれば、相手があなたの英語を理解してくれるようになるでしょう。

例えば、外国人が正しい日本語を話しているのに聞き取りにくかったり、理解できなかったりする時はありませんか?
それは彼らが、母国語の話し方で日本語を話していることが原因かもしれません。
それほど言語の話し方は重要なのです。

『英語耳』を活用した発音練習

発音を改善するための3ステップ

具体的な方法については、以下の順番で行うことをおすすめします。

  1. 正しい発音を学ぶ
  2. 実際に発音をする
  3. 自分の発音を確認する

正しい発音を学ぶ方法として活用していただきたいのが、『英語耳』です。
『英語耳』はシリーズ累計が約100万部の人気書籍です。
この本に記載されている内容に沿って練習することで、正しい発音ができるようになるでしょう。

詳細はリスニングの記事でお伝えしていますので、ぜひご参照ください。

プラスαのヒント】注意深く聞く

基本的には『英語耳』を活用した3ステップの内容で問題ないと考えますが、さらに一歩上達するためにおすすめの方法があります。
それはリスニング練習の際に、英語の発音をより注意深く聞くことです。
具体的には、「強い発音」「リンキング」「リズム」を特に注意して聞くようにしましょう。
その聞いた内容を自分の話し方に取り入れることができれば、より上達した発音につながるのでおすすめです。

通じない!発音以外に考えらえれる原因

お伝えしたように正しい発音ができることで、英語が劇的に通じるようになるでしょう。
それでも通じない場合、原因として以下の3つが考えられます。

  • 声が小さい
  • 話す速度が速い
  • 単語や言い回しが難しい

声が小さい

まず、声が小さいということが考えられます。
発音やリズムを気にする前に、相手が聞き取れないと会話は始まりません

英語が通じなくて聞き返された時、自信の無さから声が小さくなることもあるかもしれませんが、それでは余計に通じなくなってしまいます。
恥ずかしがらずに、大きな声で話すようにしましょう!

話す速度が速い

次に、話す速度が速いということが考えられます。
ゆっくりな英語は聞き取れるけど、早い英語は聞き取れない経験はありませんか?
それと同じように、早口で話すと相手は聞き取れませんし、理解することも難しくなります。
相手が理解できるような速度で話すように心がけましょう!

単語や言い回しが難しい

最後に、難しい「単語」や「言い回し」を使っていることが考えられます。
伝えたい言葉がわからない場合、辞書やインターネットなどで調べるでしょう。
もちろん調べることは重要な方法ですが、見つけた単語や言い回しがネイティブスピーカーに馴染みがない場合もあります。
もし通じなかった時は、簡単な単語や言い回しに変えてみると良いでしょう!

ちなみに言い回しを調べたい場合、DMM英会話のサイトが参考になるのでおすすめです。

まとめ

今回は、発音の改善がスピーキング力の上達につながることをお伝えしました。
英語の発音を改善することで、以下のような良いサイクルを作ることができます。

  1. 発音練習をすることで、英語に慣れる
  2. 話し方がスムーズになる
  3. 英語が通じるようになる
  4. 自信が持てるようになる
  5. モチベーションアップにつながる

この5つのサイクルを回すことで、英語の上達速度が加速するでしょう!

私は英語に苦手意識があり、さらに10年のブランクがありました。
しかし発音を改善したことで、今ではネイティブに話し方を褒められるまでになりました。
そんな私でもできましたので、あなたもできるようになります!

スピーキング上達のために、まずは『英語耳』で発音の改善を始めてみませんか?